労務管理、就業規則他各種規程の制定・改廃、助成金支援、人事評価制度導入、社会保険手続、給与計算は守口市の社会保険労務士 沖本事務所にご依頼ください。

個人番号

個人番号

2016年1月より個人番号(マイナンバー)制度が開始されました。
(正確には、税申告と雇用保険手続については2016年1月より、社会保険手続については2017年1月より開始されます。)

個人番号は非常に多くの個人情報を含むため「特定個人情報」とされており、漏えい事故等については、懲役刑等の非常に重い罰則が予定されています。

企業としては早急に従業員と扶養家族の個人番号を収集するとともに、その保管体制を整える必要があります。


個人番号を紙、PC、自社サーバで保管されている企業様へ

個人番号を紙、PC(ネット接続の有無にかかわらず)、自社サーバ等で保管されている場合、マイナンバーが物理的に御社に存在することになり、「管理区域」という概念が発生します。

管理区域

この結果、金庫を開閉する度に、PCを使用する度に、自社サーバにアクセスする度に、誰が管理区域に入場し退出したかの履歴管理が必要になります。

個人番号の利用目的の履歴管理に、管理区域への入退場管理の履歴管理の負担も加わることになります!


弊所の個人番号管理体制について

御社従業員の個人番号を、弊所のクラウドサーバ形式の管理システムでお預かりします。

クラウドサーバで保管することにより、「管理区域」という考え方はなくなることになります。

マイナンバー管理システム

労働保険手続や来年予定されている社会保険手続も、個人番号管理システムと連携する電子申請システムで行うことにより利用履歴の管理はもちろん、申請書類にマイナンバーを記載して行政機関に郵送したり持参する必要はありません(※)。

※電子申請に対応する手続に限ります。

また、税申告の時期に税理士事務所から個人番号の提供を求められた場合も、弊所より税理士事務所にIDを発行することにより、弊所システム内部でのやりとりを行うことが可能です。

弊所における個人番号管理は、原則として個人番号を「空気に触れさせない」ことを前提に行っております。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional